僕とモンスター

島子(しまこ) と ほし おずま なおき による「僕とモンスター」 の情報をお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おばんどす。

前回のブログで今月中にもう一回は書きたいと書いたのを思い出しひーこら言いながら書き綴っております。
危うく狼少年になるところでした。














ガルルルルルm( 'Д' )m














・京都、大阪と行ってきました。
京都はリハ終わってから鴨川でビール飲んだのですが羽虫さえいなければずっといたいと思ってしまう何かがありました。羽虫を吸い取る掃除機があれば良いのにと思った。
そして掃除機の中で一塊となった巨大な羽虫が掃除機の内側から破壊して出てきて人間に復讐しだしたらどうしようと考えてたのはここだけの話。
ライブはtelephoniaのエンターテイナーな感じと運動量、ほんとすごかったです。自分達のライブ終わって楽屋で片付けしてた時話しかけてもらえたり中打ちでも色々お話してくれてほんとありがたかった。
中打ちの後Gloomy Funk Clubの3人と坂元坊主さんにびっくりドンキー行こうと誘ってもらい初対面なのにみんな優しく接してくれてほんと嬉しかったです。

大阪はThe denkibranの板倉さんが僕らのリハを見ててくれてオープン前に話しかけてきてくれて嬉しかった。右も左も分からない初めての場所でリハ見て話しかけてもらえるとか嬉しすぎたのですが初めての場所という環境もありうまく喋れなかった気がする。。。でもおかげですごくリラックスできました。
そしてトリのラウンドヘッドにひたすら感動。どんな言葉を並べてもその時の感動を言い表せないけどほんとエモくて歌に力があり僕は真ん中の前のほうに移動してずっと見てました。
終わった後メンバーさんに話しかけて、特にドラムの中瀬さんとは色々話させてもらった。ちなみにこの日僕はendzweck、中瀬さんはwaterweedのTシャツきてました。くそあがった\(^o^)/
無料CD結構もらってもらえたり、CDも何枚か売れ打ち上げで話しかけてくれた人と共通の知り合いがたくさんいて世間狭いなと思ったり、京都、大阪と初めての場所でほんと楽しい時間をすごせたしたくさん感謝して早くまた行きたい気持ちを胸に東京へと戻るのでした。



ここまでは非常に順調でした。


帰り道、なぜか僕は高速に乗ってすぐ高速を降りるという謎の行為をしたり、名神(確か…)が集中工事中なため迂回するよう言われたのですがまさかの展開すぎてテンぱりまくりとりあえずコンビニでアイスと大量の酢だこさんを購入したりとにかく現実から逃げ出したくなってしまってました。


途中あまりの眠さに運転変わってもらったのですが「白いSF」と言ったり「ずっと大ちゃんのこと考えてました」とか訳のわからない事を言ってたらしいですorz

他にも色々あったけど思い出したくないから割愛します。



・越谷EASYGOINGS
時系列的には京都、大阪よりも前の話なのですがちょっとした倒置法的なノリで。
イージーのお誕生日と国吉さん西川さんのレコ発でした。
リハん時から国吉さんと世間話したり、スタート前は楽屋であんびるさんのアコギ借りたり村越さんと色々話してリラックスしてやれました。終わった後岩野さんが話しかけてくれたりありがたかった。そして岩野さんコーラスうますぎでしたwあんびるさんも歌ってるところ初めて見たけど一瞬サビ頭3連になるのが自分の中でほんとツボすぎだった。

ライブ終わった後片付けしてたら西川さんが良かったよと話しかけてきてもらえてほんと嬉しかった。そして野球の話したり。ちょうど去年西川さんが東京ドームで巨人阪神戦を見た次の日の巨人阪神線を見に行ってて1日違ってたら同じ日に東京ドームにいたというミラクルがあったのです。
国吉さん西川さんはツアーファイナルまでライブしっぱなしで今シーズン西川さんは野球いけるのだろうかと思ったりしました。

あと国吉さんのブログから勝手に拝借させてもらったのですが
「ライブでも話しましたが、
先日の新宿タワレコでのインストアの時に、
ここで共演した『僕とモンスター』の、
ホシくん(モンスター)が何故か、
普通にサイン会に並んでいてビックリしました。

その時に私は、
「ホシくんへ…って書いていいんだよね…?」
って思わず確認してしまいました。

そしてこの日にホシくんのギター弾いてる姿を観て、
こんなぶっ飛んでるギタリストである彼が、
CDを買ってわざわざサインをもらいに並んでくれる、
そんな音楽をしているんだという自分に、
何だかとっても勇気をいただいた。嬉しかった。」
と書いてくれてました。

アコギに歌、エレキっていうドラムがいない形態でエフェクターたくさん並べてギターを振り回すっていうのはとっても変だと思う。
僕はバーでもカフェでもギター振り回すし椅子から立ち上がって客席に飛んでいっちゃう事があります。


とてもめちゃくちゃだと思う。

でもこれが良い意味でも悪い意味でも自分らしさだと思ってやってます。しまこさんはいつか自分にギターが当たるんじゃないかとハラハラしてるようですがw
昔ある人にギター振り回さない方が良いと言われて腹立ったりしたこともあるし、今のスタイルでギター振り回してこれでいいのかな?とほんとたまに疑念を持つこともあるけど国吉さんの言葉に僕の方がたくさん勇気をもらいました。
国吉さんだけじゃなく、ライブ見終わって自分がギター弾いてるのをモンスターだったと笑ってくれたり喜んでくれたりする人がいて、そう言ってくれる人がいるからもっと頑張ろうって気持ちになります。

ほんとありがたい事です。
自分自身最高に楽しむためにも、良かったと言ってもらえるライブをすることで感謝の気持ちを返していきたい。



あと京都、大阪で久しぶりにギター回ししたら結構うけたので味をしめましたwぐふふ
lagunaは天井の高さの関係で回せないけど7月のプラKで回してみようと考えたり、考えてみなかったり。


最近買ったCD
elliott「U.S. Songs」
中古なのですがユニオンで見つけてすぐに買った1998年発売の1stアルバム。このバンドはリズム隊の主張が強いと思ってるのですがそれに負けないボーカルが聴いてて胸が熱くなります。

A Picture Of Her「C」
ギターの絡み方がほんと最高です。基本インストなのですが曲の展開がすごい良くてダイナミクスもあるし聴いてて全然飽きないです。思わずパクッてしまいそうなアルペジオが満載ですw

Christie Front Drive「S/T」
1993年に発売された1stアルバムの全曲デジタル・リマスターされたリイシュー盤。最高にエモいです。聴いてると飾ることなくギターをかきむしる姿が浮かんでしまいます。elliottもそうだけどこの時代のエモと呼ばれるバンドの持つ繊細なメロディや儚さとか哀愁がほんと大好きです。

the band apart「街の14景」
全曲日本語になっててびっくりwでもバンアパはバンアパでした。そしてどの曲もすごい良い。個人的に曲数の多いアルバムは後半だれてしまうのですがこのアルバムは最初から最後まで飽きることなく聴けました。4枚目からあんまり聴かなくなってしまってたのですがまたバンアパ熱が再燃してしまうかっこいいアルバムでした。

ラウンドヘッド「シングルカット」、「ストロマトライト」
歌に力強さだったり素朴さみたいなのがあってほんと引き込まれてしまいただただ感動してしまいます。


最後まで読んでもらいありがとです。


スポンサーサイト
  1. 2013/05/27(月) 21:17:05|
  2. その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。